電話リレーサービス料に関するお知らせ

平素はCATVサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
2020年12月1日に「聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律」が施行され、2021年7月より「電話リレーサービス制度」が開始されます。それに伴い、対象電話サービスにご加入のお客様に対し、7月ご利用分から「電話リレーサービス料」をご請求させていただくこととなりました。

お客様におかれましては、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


電話リレーサービスについて
電話リレーサービスとは、聴覚障害者、難聴者、発話困難者と、きこえる人(聴覚障害者等以外の人)との会話を通訳オペレータが「手話」または「文字」と「音声」を通訳することにより、電話で即時双方向につながることができるサービスです。
 詳しくは下記よりご確認ください。
一般財団法人日本財団電話リレーサービス


電話リレーサービス制度について
「電話リレーサービス制度」とは、電話リレーサービス(聴覚障がい者等の電話による意思疎通を手話等により仲介するサービス)を提供するために必要な費用を電話会社全体で応分に負担する制度です。
 詳しくは下記よりご確認ください。
一般社団法人電気通信事業者協会
 

                  記

【2021年度対象サービス】 ひかりdeトークF・ひかりdeトークS・ケーブルプラス電話・あゆLIBMO

【2021年度電話リレーサービス料】
1電話番号あたり:計7.7円
4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 合計
請求額(円) - - - 1.1 1.1 1.1 1.1 1.1 1.1 1.1 0 0 7.7

※1電話番号あたりの負担額は、電話リレーサービス支援機関である一般社団法人電気通信事業者協会によって、1年に1回料金の見直しが行われるため、その内容に応じてお客様にお支払いいただく料金が変更される場合があります。
 

お知らせ一覧へ戻る

  • Cable Gate
  • オーダーメイド旅行
  • 宅配クリーニングサービス
  • TOKAIでんき
  • ディスカバリーチャンネル×国立天文台presents 国立天文台と学ぶ宇宙、そしてアルマ望遠鏡
  • 周年記念事業
  • LIBMO
  • かながわCATV情熱プロジェクト