お知らせ

[CATV]デジアナ変換の導入について

平素は当社CATVサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。  

さて、当社では総務省からの要請を受け「デジアナ変換」による地上デジタル放送の提供を2011年7月24日(予定)から2015年3月31日まで、期間限定で実施することを決めました。
これにより当社のデジパックにご加入のお客様は、アナログ放送終了後も2台目以降のアナログテレビでそのまま視聴を続けることができるようになります。

以下デジアナ変換について、デジアナ変換後の注意点等まとめてありますのでご覧頂きますようお願い申し上げます。


デジアナ変換とは・・・?

デジアナ変換

従来(現在)は、アンテナ等により地上デジタル放送及び地上アナログ放送を受信して、ケーブルを経由して各加入者にデジタル放送及びアナログ放送を再送信。

2011年7月24日アナログ停波以降>>
デジアナ変換無しの場合
各加入者にデジタル放送のみが再送信されるため、STBを接続したテレビ以外のアナログテレビは視聴不可。(図右上)

デジアナ変換有りの場合(当社)
STBを接続したアナログテレビだけでなく、2台目以降のアナログテレビも期間限定で視聴可能に。(図右下)


デジアナ変換後のアナログ信号に関する注意点 (必ずお読みください!)
次のような制約があります。
1.画角16:9となりますので、画面の上下に黒味が入ります。(なお画質はSDになります)
2.データ放送の受信はできません。
3.EPG(電子番組表)の利用はできません。
4.放送の録画回数は「コピーワンス」(1回のみ)となります。
 

ページトップ