Microsoft Outlook 2016

1 メールアカウントの設定方法 
2 メールアカウントの設定確認方法

注意事項

設定途中に文中に表示されている情報は架空情報です。
各設定項目はお客さまの情報を入力していただきますようお願いいたします。

設定を始める前に、まずはお手元に、メールの設定情報である「AYU-NET登録完了のお知らせ」をご用意ください。
書類の準備ができたら、設定を始めます。

設定方法

Microsoft Outlook 2016 の起動

スタートボタンからMicrosoft Outlook 2016 を起動します。

 

スタートアップ

outlook2016へようこそ

スタートアップの画面が表示されたら、「次へ(N)」ボタンをクリックします。

電子メールアカウントの追加

電子メールアカウントの追加
「はい(Y)」を選択して、「次へ(N)」ボタンをクリックします。

自動アカウントセットアップ

自動アカウントセットアップ
「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M)」を選択して、「次へ(N)」ボタンをクリックします。

アカウントタイプの選択

アカウントタイプの選択
「アカウントタイプの選択」が表示されます。
「POPまたはIMAP(P)」 を選択して、「次へ(N)」ボタン をクリックします。

POPとIMAPのアカウント設定

POPとIMAPのアカウント設定
POPとIMAPのアカウント設定」が表示されます。
各項目に設定情報を入力します。

ユーザー情報

名前(Y) メールの利用者名を入力します。
(ローマ字入力を推奨します。)
電子メールアドレス(E) 電子メールアドレスを入力します。


サーバー情報

アカウントの種類(A) 「POP3」のまま変更しません。
受信メールサーバー(I) 受信(POP)メールサーバ名を入力します。
送信メールサーバー(SMTP)(O) 送信(SMTP)メールサーバ名を入力します。


メールサーバーへのログオン情報

アカウント名(U) メールアカウントを入力します。
(最初に入力されている文字は削除してください。)
パスワード(P) パスワードを入力します。
パスワードを保存する(R) 「レ」点をいれたままをお勧めします。


詳細設定(M)」ボタン をクリックします。

送信サーバー

送信サーバー
「送信サーバー」タブをクリックします。
「送信サーバー (SMTP) は認証が必要(O)」に チェックを入れます
「受信メール サーバーと同じ設定を使用する(U)」: チェックを入れます

詳細設定

詳細設定
「詳細設定」タブをクリックします。
「送信サーバー (SMTP) (O)」の「25」を「587」に変更します。
「サーバにメッセージのコピーを置く」の「レ」点を外します(推奨)。
「OK」ボタンをクリックします。

SSLをご利用になりたい場合は、以下のページの通り設定を変更してください。
【メール設定情報】SSLを使用する場合

インターネット電子メール設定

POPとIMAPのアカウント設定
「次へ(N)」ボタン をクリックします。

アカウント設定のテスト

テストアカウント設定
すべてのテストが完了したら、「完了」ボタンをクリックして設定完了です。
(エラーが表示された場合は、設定画面に戻り、設定に間違いがないか確認してください。)

 

設定完了

設定完了

 

以上で設定完了です。

メールアカウントの設定確認方法

Microsoft Outlook 2016 を起動


Microsoft Outlook 2016 を起動します。

アカウント情報

「ファイル」を選択して、「アカウント情報」を表示させます。



アカウント情報

「アカウント設定」→「アカウント設定(A)...」をクリックします。
 

電子メール アカウント

電子メールアカウント
「電子メール アカウント」の画面で、「メール」タブをクリックして、以下の操作を行います
・設定情報をクリックして青色に反転させます。
・「変更(A)」をクリックします。

POPとIMAPのアカウント設定

POPとIMAPのアカウント設定
変更箇所があれば値を変更します。

【メールアドレスを変更した場合は・・】
メールアドレスを変更した場合は、当社サーバー側の設定変更が完了後に「電子メールアドレス(E)」を変更後のメールアドレスに変更してください。

「次へ(N)」をクリックします。

セットアップの完了

すべて完了しました
「完了」ボタン をクリックして設定変更完了です。