OP25Bによるメール送信規制について

OP25Bについて

OP25Bとは

AYU-NETでは、迷惑メール対策として、OP25B(Outbound Port 25 Blocking)を実施しております。

「OP25B」とは、迷惑メールを減少させる為に、ウイルス感染者や迷惑メール送信業者が、自分のPCまたはサーバから故意あるいは無意識に行うメール送信をAYU-NETサーバー側にて規制する対策です。

具体的には、AYU-NET会員様がご自宅のAYU-NET回線を使ってメールを送信する際に、AYU-NETのメールサーバを経由せず、自サーバや他社プロバイダの送信サーバーを使用してメールを送信した場合、「OP25B」を用いて送信を規制します。

OP25Bによるメール送信規制について

AYU-NET回線からメールを送信する場合

AYU-NET回線からメールを送信する場合
※サブミッションポート(Port587)が利用可能かどうかは、お使いのメールサーバ管理者にご確認ください。

【1】ご自宅などAYU-NET回線から、AYU-NETのメールを送信する場合
→ 今までどおり送信できます。

【2】ご自宅などAYU-NET回線から、他社ISPのメールを送信する場合
→ お使いのメールサーバ管理者にご確認ください。   (メールサーバがサブミッションポート(Port587)に対応していれば、メールサーバ管理者の指定通りに設定して頂く事で送信ができます。)もしくは、AYU-NETの送信サーバーを使用して頂く事で、メールは送信できます。

【3】ご自宅などAYU-NET回線内に設置している自作サーバーなどから、直接メールを送信する場合
→ Port25からのメールは送信できません。当社までご相談ください。


他社回線からAYU-NETのメールを送信する場合

他社回線からAYU-NETのメールを送信する場合

【1】他社回線からAYU-NETのメールを送信する場合
→ 接続先プロバイダにおいてサブミッションポート(587番)が利用可能であれば、以下の通りメールソフトの設定を変更して頂く事で、メール送信が可能となります。

サブミッションポート(port587)によるメール送信設定について

他社回線からAYU-NETのメールを送信する場合は、サブミッションポート(port587)を使用したメール送信設定に変更して頂く必要がございます。(スマートフォンなどを使って携帯回線から送信する場合も同じです。)

サブミッションポート(port587)によるメール送信設定

以下の通りメーラーの設定を行ってください。
【送信サーバー(SMTP)の認証】あり (※)
【送信サーバー(SMTP)のポート】587
※ユーザー名・パスワードは受信メールサーバ(POP)と同じ値を使用します。

受信メールサーバの設定などその他の設定については、変更する必要はありません。