Windowsメール

注意事項

設定途中に文中に表示されている情報は架空情報です。
各設定項目はお客さまの情報を入力していただきますようお願いいたします。

設定を始める前に、まずはお手元に、メールの設定情報である「AYU-NET登録完了のお知らせ」をご用意ください。
書類の準備ができたら、設定を始めます。

設定方法

Windowsメール の起動

windowsmail1.gif
スタートメニュー→「電子メール(Windowsメール)」をクリックします。

ツールメニュー

windowsmail2.gif

初めて「Windowsメール」を起動すると、自動的に設定ウィザードが起動します。
・自動的に設定ウィザードが起動した場合はコチラをクリック!
・自動的に設定ウィザードが起動しない場合は、メニューバーの「ツール(T)」から「アカウント(A)」をクリックします。

インターネットアカウント

windowsmail3.gif
「インターネット アカウント」ダイアログボックスが表示されます。
「追加(A)」ボタンをクリックします。

アカウントの種類の選択

windowsmail4.gif
「アカウントの種類の選択」が表示されます。
「電子メールアカウント」をクリックして、「次へ(N)」ボタンをクリックします。

名前

windowsmail5.gif
「名前」が表示されます。
「表示名(D):」フィールドにメールの利用者名を入力します。(※ローマ字入力を推奨)
「次へ(N)」ボタンをクリックします。

インターネット電子メールアドレス

windowsmail6.gif
「インターネット電子メールアドレス」が表示されます。
「電子メールアドレス(E):」フィールドに電子メールアドレスを入力します。
「次へ(N)」ボタンをクリックします。

電子メールサーバーのセットアップ

windowsmail7.gif
電子メールサーバーのセットアップ」が表示されます。
電子メールサーバーのセットアップ」は以下の通りに設定します。

受信メールサーバーの種類(S): POP3(※デフォルト)
受信メール(POP3またはIMAP)サーバー(I): 受信(POP3)メールサーバ名を入力します。
送信メール(SMTP)サーバー名(O): 送信(SMTP)メールサーバ名を入力します。


次へ(N)」ボタンをクリックします。

インターネットメールログオン

windowsmail8.gif

インターネット電子メール設定

outlook2010_05.gif
インターネットメールログオン」が表示されます。
インターネットメールログオン」は以下の通りに設定します。

ユーザー名(A): メールアカウントを入力します。
(※最初に入力されている文字は削除してください。)
パスワード(P): メールパスワードを入力します。


次へ(N)」ボタンをクリックします。

設定完了

windowsmail9.gif
「設定完了」が表示されます。
「設定完了」となります。「完了(F)」ボタンをクリックします。

以上で設定完了です。

サブミッションポート(Port587)を利用する場合は

インターネットアカウント

windowsmail2_3.gif
サブミッションポート(Port587)を利用する場合は以下の手順で設定を行ってください。
「インターネット アカウント」ダイアログボックス画面から、一覧より「メール」項目にあるアカウント設定名(例:pop.ai.ayu.ne.jp)をクリックし、「プロパティ(P)」ボタンをクリックします。

サーバー

windowsmail2_5.gif
サーバー」タブをクリックします。
【サーバー】タブ 「送信メールサーバー情報

このサーバは認証が必要(V) チェックする

詳細設定

windowsmail2_8.gif
詳細設定」タブをクリックします。
【詳細設定】タブ 「サーバーのポート番号

送信メール(SMTP)(O): 587※
このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q) チェックしない
受信メール(POP3)(I): 110
このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(C) チェックしない

25→587に変更してください。

OK」ボタンをクリックします。

設定完了

windowsmail10.gif
インターネット アカウント」ダイアログボックスを「閉じる」ボタンで閉じると「Windowsメール」起動時の画面になります。

設定完了です。